焦らずにゆっくりと

焦らずにゆっくりと

 娘のトイレトレーニングを始めたのは、3歳になったくらいからでした。遅いと感じる方もいるかもしれませんが、焦って早くに始めて、失敗をして苦労しているという友達の話を聞き、遅くに開始をすることにしました。

 トレーニング内容は、まず、トイレに座らせるところから始め、「おしっこがしたくなったらここに座るんだよ」と根気強く教えました。3歳ということもあり、こちらの言葉を理解しているようで、それほど苦労はしませんでした。また、私自身がトイレに行きたくなった時に、「お母さんトイレに行くね」と声掛けをし、トイレをする姿を見せたりもしました。娘は、私の真似をすることが好きな時期だったので、トレーニングはスムーズに進みました。期間としては、2か月でトレーニングが完了しました。

 トレーニングが完了していない時の外出は、とても緊張しました。失敗されては困ると、外出時はおむつにしようかと悩んだのですが、これでは今までの練習が無駄になってしまうと感じ、外出先は必ずトイレのあるところにし、場所も事前に確認しておき、すぐに行けるようにしました。3歳なので、尿意を伝える事はすぐに覚えられたのですが、「トイレまで我慢する」ということがまだできなかったので、外出中は常にひやひやしていました。完全に完了するまでは、生地が何層にもなったパンツを穿かせておくことが無難だと思います。

 また、トレーニングにあたっては、雑誌や本を参考にすることも良いのですが、自分の母親や、経験者の友達に聞くのが一番だと思います。本などは一般的な事しか書かれていないので、自分の子供と当てはまらない事もあります。たくさんの人に話を聞き、試していくようにしましょう。

↑ PAGE TOP