早めのトイレトレーニング

早めのトイレトレーニング

 9ヶ月頃からトイレトレーニングはじめました。といっても、そのころはトイレがどんな場所か分からせるという目的でした。一緒にトイレに入り、少し恥ずかしいですが自分がしているところを見せ、次に子供を座らせました。座らせるだけで、することはまだ期待していませんでした。自分の目標は一歳過ぎてから、という感じだったので、はやめに始めれば後が楽かなと思いました。

 始めたきっかけは、保育園に預けている子供はオムツが外れるのが早く、一歳には取れている子もいました。それを聞いてから、自分たちもそろそろゆるく始めてみようと決めました。といっても、トイレに座るのを嫌がったり、することも稀でした。座るのを嫌がったらすぐおろす、怒らないことは気をつけました。

 そして言葉で、オムツが濡れていたら「びしょびしょ、気持ち悪いね」と負のイメージを伝えます。繰り返し、「ちっちは、ここ」とその都度教えました。朝だいたい決まった時間大きい方をするので、その時間帯に合わせてトイレに座らせました。朝はそれでだいたい成功するようになって、思いっきり褒めました。また、お昼寝の後もおしっこが高い確率で出るので、トイレに連れていくとしました。あとは2,3時間起きにトイレに座らせ、成功したときは褒め、失敗したときはびしょびしょの不快感を伝えました。

 オムツが取れたのは1歳頃で、自分からいくというより、座らせるとするという感じになりました。それからもっと経つと、自分でトイレに行くようになりました。

↑ PAGE TOP