姉弟のトイトレ事情は

姉弟のトイトレ事情は

 子どもって産んだら勝手に大きくなるものだと冗談半分で思っていました。子育ての悩みは人それぞれ。ひとつクリアすれば、また新たな悩みが…中でもトイレトレーニングは私にとっては最大の悩みでした。

 愛読していた<たまひよ>には、暖かくなってからゆっくり進めましょう。と書いてあったので「ふ~ん」っと思っていた程度。当時の私は2人目妊娠中だったので生まれて落ち着いて3歳になってからでいいと思っていたのですが1歳半を過ぎた真冬のある日、ズボンを脱いで自分からオムツのテープを外したのです!「何してるの。風邪ひくよ~」とズボンを履かせても、また取る。もしかしてオムツ外れ!?自分から外したのだから、このままトレーニングもなしに外れてしまったらラッキーと思っていたのですが現実は違いました。

 こたつ布団やホットカーペットの上でおしっこをしてしまう事の繰り返し。暖かくなっても失敗ばかりで大きいお腹で洗濯に追われていました。「あっちこっちおしっこするんだったらオムツしようよ」と何度も言いました。<大きくなってもオムツをしている人はいない。いつか取れるから気長に付き合いましょう>と言うアドバイスだけを頼りにイライラしないように付き合いました。自分から外して半年以上経った2歳過ぎた頃に、ほぼ完璧になりました。

 一方、下の子供は3年保育の幼稚園に行かせたかったので早くおむつを外したかったのですが「おむつがいい!」と嫌がりました。「いつ外すの?」と聞くと「3歳」と答える始末(苦笑)結果3歳の誕生日から「おむつはいらない!」と外して1か月も経たないうちに完璧になりました。そんな子供達も大きくなり今となっては笑い話ですが小さくても自分の意思があるんだと実感した出来事で子供に寄り添ってあげるのが一番だと実感しています。

↑ PAGE TOP